フィリピン在住。最近は仮想通貨ブログ。リップル(XRP)推し

リップル(XRP)が1時は190円まで下落。中国のマイニング規制など

いやー、私の買いのタイミングはこれ以上ないほど最悪でしたねw

昨日は1時リップルが190円まで下がりそこから一気に反発、230円まで戻しています。

1日の振り幅が大きすぎて短期トレードをしている人は気の休まらない1日だったでしょう。

そして私の資産がどうなったかというと・・・

776,294円となり、含み損は220,966円まで拡大しました!

昨日時点の資産はこちら

リップル(XRP)を昨日100万円分買った結果。そしてその理由。


かばまる
2日で22万の損って逆にすごくない!?

これぞTHE 仮想通貨って感じですね。

まぁ、でも去年ぼ今頃はビットコインを10万で買った人が暴落してるって煽られていたのを私はリアルタイムで見てましたし、私自身も「ビットコインはこれから落ちていくだろうな・・」と悲観的だったのですが、今は180万ですからね。

信じてホールドしてきた人が今、結果的に得をしたわけで私はリップルの事をちゃんと調べて買ったので長期的に見ればこの投資が間違いでなかったと思えると信じてます。

で、私の想いはどうでもいいとして、なぜ今回下落しているか、というところが気になりますね。

コインマーケットキャップの影響にしては時間が立ちすぎているので他の理由がありそうです。

合わせて読みたい

仮想通貨市場暴落!原因はコインマーケットキャップ(coinmarketcap)

中国政府がマイニングを制限

電力消費量増加に伴い、中国政府がマイニング事業を停止をお願いしているとのこと。

ソース:中国政府がマイニングを制限?マイナーが中国から撤退も

中国がすごい勢いでマイニングしてくれているから仮想通貨を維持できていて、仮に中国企業が完全にマイニング事業から撤退した場合、仮想通貨の暴落が予想されています。

それによりビットコインが下落。それに伴ってアルトコインも下落していく中、イーサリアムとビットコインキャッシュは割りと元気。

というのもビットコイン下落に備えた避難先としてこれらの通貨に移動した感じだと思われます。

しかしながら、中国政府からは停止命令という強い形ではなく、お願いしている段階との事でそんなに悲観的な空気はなく、ビットコインも値を徐々に戻しています。

ビットコインETFの申請取り下げ

ビットコインETFの申請が、ことごとく取り下げされたことによってビットコインが急落しました。

米SECはビットコインの流動性とバリュエーションに対して懸念を表明していて、今週だけで4社の取り下げ。

ETFでビットコインがまたあがる!と期待していた層に失望を与えましたが、まだこれでこれでビットコインETFは終わったわけではない、と思いたい。

逆にETFが承認される事があれば起案投資家の90兆ドルがビットコインにも流れ込むと見られていて、まだまだ夢は見ていたいですね。

今日のまとめ

  • 私の資産は絶賛下落中!
  • 中国マイニング制限で下落傾向?
  • ETF取り下げで下落傾向?

といったところです。

相場全体に悲壮感が漂って感がありますが、これは逆に買いのチャンスなのかもしれません。

まぁ、私は100万突っ込んだのでしばらくは静観しますけどw

リップルは実際今がいい感じで買い時だと思うんで、興味があればちょっと仕込んでおいて損はしないはず。

本人確認に多少時間がかかってもいいなら手数料安いGMOコインがおすすめ。

なる早でリップルを買いたいならコインチェックが審査が早くておすすめです。