UBERがGRABに東南アジア事業を売却。2018年4月8日よりフィリピンでの配車サービスはGRABのみに!

私はUBERが大好きでした。

この記事の目次

4月8日よりUBERはGRABに統合 ※東南アジア圏

昨日速報がでて本日UBERより正式にメールで通知がありました。

UBERからのメール

We want to share some news with you – Uber will be combining our operations with Grab to lead you in the next chapter of ridesharing in the Philippines and across Southeast Asia.

What this means for you: we will be transitioning our services over to the Grab platform by April 8, 2018, so all requests after that date should be made from the Grab app. However, you can still use the Uber app in more than 80 countries around the world.

私による超要約:ウーバーはグラブと合併することになったぜ。どういう事かというと4月8日からウーバーのサービスはグラブによって運営されるってことさ。でもな、ウーバーは80ヶ国でこれからも使うことができるぜ!

かばまる

これはショックを隠しきれないわ・・・

UBERとGRABの違い

とは言え同じ配車サービスだからどっちか残るならいいじゃんなんて思っている人はいませんか?悪い子はいねーが?

結構違うからね。ただシステムが今後変わる可能性があるので参考までに。

カスタマーサービスの違い

なんか問題があった時にウーバーに連絡するとすぐに返信をくれる。1、2時間後とかそういうレベルですぐくる。

しかもちゃんとドライバーにフィードバックしてるっぽくてドライバーの質も結構いいわけ。

でもグラブの場合は、何かを言っても無視される。そして圧倒的にダメなドライバーが多いからね。

ウーバーを1000回以上、グラブを100回以上つかったから間違いない。グラブの方が利用は少ないのに圧倒的にダメドライバーが多いから。

それもカスタマーサービスの声を大事にしてないからだと感じた。

GRABは行き先がドライバーに事前に告知される

私が通ってるオフィスから自宅まではいつもいつも渋滞。

だってここフィリピンじゃん?しょうがないことなんだけど、事前に私の行き先を知ったドライバーがガンガンキャンセルしてくるのよ、グラブは。

なんなら自分がキャンセルしたくないがために「電波が無いポ」とかアプリを通じて連絡してくるわけ。
※ドライバーがキャンセルフィーを払わないといけない時があるらしい。

捕まらない✕10からのキャンセルコンボ食らった時にゃ私のストレスがマッハ。

GRABはGPSの精度が悪い

たぶん、アプリの出来は圧倒的にUBERが優れてる。インターフェースも処理スピードも全部、全部だ!

で、一番困るのはGPSの精度。

私ぐらいのベテランUBER・GRABユーザーになると車が到着するのと同時くらいにちゃんと外にでるようにするわけ。

そもそも、あんまりドライバーを待たせるとキャンセルされちゃうっていう事情もあるのだけど。

で、比べると圧倒的に違うんだけど、GRABのGPSの精度が悪くて動きがガクガクでアプリへの反映がリアルタイムじゃないのよ。

それによって地図とか見ないドライバー(30%はいるよ)がピックアップポイントを何度も通り過ぎてぐーるぐるしちゃうこともあって、あげくの果てには諦めちゃうこともある。

GRAB一強になると何が起こるのか

いろいろGRABに対する悪口を言ってきたんだけど、それでもGRABは必要だったのよ。競争原理が必要だからね。

それがなくなるよ。4月8日から。

そうなったら値段は高くなるは、カスタマーサービスはもっと悪くなるは、お前はPLDTかってくらい最悪のサービスになる可能性がある。

ていうか、その可能性が高いと思う。

だからね、私としてはここぞとばかり、タクシー業界がシステム構築してさ、グラブに負けない配車サービスをつくってくれないものかと。

料金はタクシーの3倍でも余裕で需要あるよ。私に