ささやかな楽しみを奪われた

誰にでもあるささやかな楽しみ。それを突然奪われたって話。

ささやかな楽しみ焼肉

私は焼肉が大好きです。そして私の彼女も焼肉大好き。焼肉ってたぶん1人で食べてもそこそこ美味しいと思うんですけど、誰かと一緒に焼肉店にいって


かばまる
お、それもう食べれるよ

みたいなやり取りをしながら食べるともっと美味しい気がするんです。
それで月に1,2回、主に給料日の後に彼女と一緒に焼肉に行くのが私のささやかな楽しみだったのですが!

突然の政府からの立ち退き命令

ニュースによりますと

マカティ地方裁判所は、8月14日、政府所有の不動産に対する賃貸料など5億ペソ以上が未払いとして、マカティの不動産開発会社サンバーに対して未払い金の支払いと、同社が所有しているビルに入る全賃貸者に対して3日以内の立ち退きを命じました。

マカティ地方裁判所がサンバーに退去を命じたのは、サンバーが所有するマカティにあるサンバープラザやクリークサイドなどのビルで、日系のテナントも多く入っています。

プライマーより抜粋

との事で、この中で紹介されている日系テナントに行きつけの焼肉屋が含まれていたのです。

先日のUBERの件といい、急に動き出すんですよね、フィリピン政府ってやつは。


かばまる
あぁ、私の数少ないささやかな楽しみが。。。

と、悲しみにくれているわけですが、実際の当事者、撤退された皆様方におかれましては同情してもしきれないところがあります。
だって、そこで経営していたテナントに一切否がないですからね。KTVもたくさんありましたが、きっと女の子もKTV好きなおじさんも途方に暮れていることでしょう。

てか、こんな理不尽なことってある?

強行することが増えてきたフィリピン

UBERにしろ、立ち退きの件にしろ、いきなり環境を激変する何かが起こっています。立ち退きだって3日で退去しろって命令ですからね。

これが私のオフィスで起きたらゾッとします。フィリピンでのビジネスの難しさを思い知らされました。

ていうか、焼肉食わせろ