フィリピン在住、ゲーム好き。生き残るためにどうするべきかを考えます。

何かを始めるのに早いも遅いもない

過去の賢人たちが何度も何度も繰り返し言っていたのに今までわからなかった

この記事の目次

毎日ある”気付き”の一つ

何気ない日々を過ごしていても周りでは必ず何かが起こっていて、それによって気付かされる事がたくさんあります。例えば、「あのラーメン屋に行ったら後で絶対お腹壊す」とか「仕事中に定期的に背筋を伸ばすと肩がこりにくい」とかそんなレベル。

そんな小さな気付きの中でたまーに、本当にたまーに大きな気付きがあることがあって、それが表題である「何かを始めるのに早いも遅いもない」という気付きです。

とある日のツイッターのタイムラインにて

最近、youtuberのヒカルがValuでやらかして活動停止に追い込まれましたが、それを見てyoutuber希望者が


youtuber希望者
よっしゃー!youtuberの人気枠が1つ空いた!この機会に参入したろ!

というのをツイッターで見かけまして


かばまる
いや、もうすでに恐ろしい数のyoutuber希望者がいるのに遅すぎぃ!

とか思っていたわけですよ。

でも何かひっかかるものがあってその人のツイッターを覗いて、本当にその人にヒカルと同じくらいの人気者になれる可能性がないのか考えてみたんですよ。

否定できない可能性

よーく考えた結果、彼がヒカルのように人気者になる可能性はあるという結論となりました。いや、決して成功できるとは思わないですよ。むしろ成功率は低いでしょう。でもね、彼、実際youtubeに動画の投稿をスタートさせてたんですよ。

すごくないですか?

思った事を行動に移すというのは想像以上にパワーを使うものです。

動くことの難しさ

人間誰でもやりたい事ってあると思うんですよ。でも、やりたいことをやる前に自分の可能性を否定して行動に起こさない人もいる。というかほとんどがそうなんじゃないかな。


行動できない人
仕事辞めてダラダラ暮らしたいなぁ~

みたいな人も結構いると思うんだけど、仕事辞めるために何が必要で何をすべきかを考える事すら面倒でできない人ばっかり。行動しない人は面倒くさがりなんですよ、基本。

そんな中、やりたい→やるのプロセスを踏める人は本当に尊敬する。特に若い人はその傾向が顕著。だからどちらかというと私の尊敬する人って年下ばっかり。結果も出していたりなんかしたらもう神です。

で、実際行動するとそれに対する冷たいリアクションとかもたくさんある。年齢が結構いってたりするとなおさら、「痛い」とか「キモイ」とかね。ただ世の中はそんな酷い人ばっかりじゃなくてどちらかというと行動している人に対しては優しい人が多い。これは本当に。

まとめ

行動するのには遅いも早いも関係なくて、行動することで可能性を広げられるとという事に気づきました。

今回の気付きによって


かばまる
やりたい事があったらとりあえず手を出しちゃおう!

と思ってガンガン手を出すようになった私は夢見るおじさん。映画や漫画のような美談は望んでおらず、ただただ自分のやりたい事のため、自分のリソースを投入していくのであります。