フィリピン在住、ゲーム好き。生き残るためにどうするべきかを考えます。

MacBookおじさん.comをリリース、管理して思った事

心を動かされました。

MacBookおじさん.comとは

MacBookおじさん.comとは、お金が無くて困っているやる気のある若者に対してMacBookをプレゼントするという企画で、賛同してくれた方をまとめて掲載する事を主旨としたサイトです。

詳しくはこちらを見るとすごくわかりやすいです。ブームを作ったのはイケダハヤトさんです。

制作作業について

イケダハヤトさんがツイッターで「「MacBookおじさん.com」を作りたいけど面倒なので誰か作ってくれないかな〜。」と呟いたんですよね。それをリアルタイムで見ていた私。

「速攻で立ち上がったら面白いだろうな」と思いつつ、おもむろにお名前.comをチェック。ドメインは取得可能だったので1,000円くらいだしいいかと軽い気持ちでドメイン取得。その間2分。

ドメイン取っちゃったし、若者支援というコンセプトもいいし、私のできることはこのサイトをつくって賛同者を集めることだなと、おじさん魂が燃え上がっちゃったんですね。

スピードが命だと思っていたのでサイトの要件は手を動かしながら考えようとしましたが、ちょっとしたイメージは欲しいなとホワイトボードでイメージを書き出したんですね。

それがこちらです。

私にだけわかる謎の落書き。この落書きを元にサイトを頭の中でイメージし、完成形が見えたので後はゴリゴリと作業していきました。

制作の時に気にしたポイント

急いで作るからといって、クオリティが低ければ誰も見てくれません。クオリティを守るために気をつけたの2点です。

ファーストビューをキャッチーにする

このサイトで1番気をつけた点はたくさんの人がシェアしてくれたファーストビューのMacBook Proです。ここがダサければサイトの説得力がなくなります。素材がかっこいいMacBook Proなので後はフォント選びに時間をかけました。

おじさんが主役のサイトであること

この企画に参加する人のカテゴリは2つになります。MacBookを貰う人とあげる人。このサイトを成功に導くのはあげる人達の方だと考えました。

その為、サイト構成は必要最低限にしぼり、リリース時は「おじさんになりたい人ボタン」と「おじさんリスト」のみとしました。また、ボタンは1番目立つ色、場所に設置し、おじさんになりたい人が絶対迷わないように考慮しました。

しかし後に貰った人リストを追加したところ、おじさんリスト以上のアクセスが今はあります。

制作にかかった時間

制作時間は4時間です。メールフォームの不具合やレイアウト崩れなどがあると興ざめなので制作2時間、チェック、調整に2時間というペース配分でした。特にチェックは入念に。もう大口顧客の納品かってくらい集中してテスト、調整を行ないました。

管理、更新作業について

更新作業についても重要だと考えたのはスピードです。いかに多数のアクセス(立ち上げ2日で10万PVを達成しています)があってもサイトの更新が止まっていたらその熱狂を伝えることができません。

当サイトにアクションをしていただいた方はわかると思うのですが、更新はほぼリアルタイムで若干引かれるくらい早かったと思います。

これ、本当に全部手作業ですからね。ほぼPCの前に張り付いてアクションが起こり次第対応してました。これね、すごく楽しかった。更新したことに気付いてくれた方がどんどんシェアしてくれてその度にアクセスが伸びていきました。

私の心境の変化について

ずっと張り付いてチェック、更新をしつつ、このサイトに関わる全てのSNS投稿、ブログ記事は大げさでなく全て読みました。するとどうでしょう。何かこう、湧き上がってくるものがあるんですよね。

何かのために全力で頑張っている人ってこんなにいるんだって事に気付かされ、そして頑張っている人のために何かしたいと思っている人もたくさん。

速攻でサイト作ったらみんな驚いてくれるかなぁ、なんてテンションで作った私が恥ずかしくなりました。普段から一生懸命頑張って、やっていることをアピールし続けることの難しさよ。私のこのブログの5万倍面白い、もしくは役に立つ記事を量産している若者たち。

おじさん、MacBookよりも大事なものを君たちからいただきました。私もこれからは君たちのようになれるように頑張ってみます。

そして素晴らしいウェブサービスを立ち上げるのが今の私の夢です。日々に追われてちょっと忘れかけてました。

ありがとうMacBookおじさん。