韓国当局が暗号通貨取引の全面禁止法案検討中

またも暗号通貨界隈に逆風です

私がリップル(XRP)を買ってからというもの価格は下落しつづけているのですが、さらに逆風を煽るようなニュースです。

韓国当局が暗号通貨の取引を停止する措置を検討しています。

ソース:Bitcoin falls 9% as one of the world’s biggest cryptocurrency markets readies a bill to ban trading

韓国の仮想通貨市場はリップルがよく取引されていて、韓国の主要な取引所であるビッサム、コインワン、コービットにおけるリップルの取引量をあわせると世界全体におけるそれの50%以上を占めています。

これがどうい意味かわかりますよね。

これから韓国で暗号通貨の取引の禁止が確定したら、リップルは一斉に売りに出され今までにないような大暴落を招くことになります。

国外取引所に移動させてトレードを続ける事は可能かもしれませんが、国が正式に禁止していることを行うのはハードルがかなり高いと思います。

ただ、この手のニュースは初めてのことでありません。そして法案が可決するかもわかりません。

しかし、このニュース自体が既に相場に影響を与えていて全ての仮想通貨が現在暴落しています。

【追記:大統領から政府の見解ではないと発表がありました】

このタイミングでベットするかどうかはセンスが問われそうです。

それでも私はリップルの可能性を信じてガチホしていこうと思います。