フィリピン在住。最近は仮想通貨ブログ。リップル(XRP)推し

仮想通貨を通して投資や市場について考えさせられた

私が今思っている事の垂れ流し。

昨日の大暴落から一晩が立ち、何もなかったかのように復活してくる仮想通貨市場を見て


かばまる
やっぱ規制をされつつも仮想通貨は前に進んでいくんだな

と感慨にふけっていたXRP304円、ジャンピングキャッチで100万円を突っ込んだセンスのない私

合わせて読みたい

リップル(XRP)を昨日100万円分買った結果。そしてその理由。

そんな私がブログで仮想通貨の話題をだすようになってからというものアクセスはうなぎ登りだったんですね。

この弱小ブログをもってしても1日3000PVはありましたからその熱狂具合がわかると思います。

そして現在、多くの脱落者を産んだ暴落を経て、アクセスは半分以下になり当ブログにも閑古鳥が鳴いております。

しかし、私は資産が3分の1になろうとも、ブログに閑古鳥が鳴こうとも、この熱狂に身を投じて本当によかったと思っております。

この記事の目次

私の仮想通貨歴

私がビットコインを知ったのは2016年の12月。当時は確かまだ8万円だったと思います。

そのテクノロジーには将来性を感じたものの、疑心暗鬼が拭えずただただそれから1年ほど傍観していたのです。

厳密には2017年の7月くらいにビットコイン5000円分、ネムを5000円分だけ買っており、含み益はでていましたがそれはまずは仕組みを知るという意味の投資であり、IT業界で働く私にとっては知識を得るための必要経費であり、それ以下でもそれ以上でもありませんでした。

そして来たる2017年12月のビットコイン大暴騰により、私の中で何かが変わったのです。


かばまる
リスクをとった人が莫大な利益を得ている

12月の大暴騰により、総資産が1億円を超えるいわゆる億り人が量産され、まさにネット上では狂気のお祭り状態。

それに輪をかけてコインチェックのCMなどにより多くの人が参入。

そんな喧騒の中、私も仮想通貨への投資に流されるように参加したのです。

そこからは破竹の快進撃。

投資した仮想通貨は軒並み2倍以上になるという狂った相場。とりあえずなんでも買っておいておけば儲かるのではないかという謎の万能感がありました。

しばらくはトレードを繰り返していた私ですが、リップル(XRP)の存在をしり、その将来性に惚れ込み100万円を投資、現在は45万ほどになっております(笑)

これがざっくりとした私の超短い仮想通貨投資の歴史ですが、これまで「投資」「市場」などという意味だけしか知らなかった事を肌で感じ取れたのは私にとってとても大きな事でした。

投資について感じた事

LINEの田端さん(@tabbata)は自称小市民の「投資は金持ちしかできないもの」という意見に対して


田端
いや、誰にでもできるだろwww やれよwwww

のような趣旨の発言を繰り返していて、それを見るたびに私も「そうはいってもゴニョニョ」なんて思っていたのですが、今思えば彼の言うとおりでただリスクをおかしたくないがために言い訳しているだけでした。

リスクというものはどんなものにあります。

自分のお金が減る可能性というのはとんでもないリスクだと思っていたのですが、もっと大きなリスクを無視していることに気付いたのです。

お金を増やす可能性をなくしているリスク、といえば大袈裟でしょうか。

結局、お金を得られる可能性とお金を失うリスクを天秤にかけてほとんどの人が行動していて、「お金を得られる可能性を上げるために努力している人」はお金を失うリスクなど考えておらず、そういう人を「お金を失うリスクを恐れている人」にはとてもリスキーな事をしているように見えてしまっていたのです。

努力はしたくないがお金持ちになりたい。

こういった気持ちが念頭にあることが読み取れます。というか私がそうだったので。

しかし、仮想通貨に興味を持ち日々情報を追っているうちに賢い人の考え方や日々進化するテクノロジー、国ごとの仮想通貨に対する対応を少しづつ知ることとなり、ラッキーな人もたくさんいるが、努力している人たちもかなりいるという当たり前の事を感じたのです。

投資はただお金を出すだけじゃなく、努力が必要。

これを読んでおられる方は鼻で笑われたかもしれませんが、そんな事すらわからなかった私は仮想通貨の投資に参入する事でやっと気づきました。

つまり、投資家ってマジすげぇ

市場について感じた事

私もいい歳したおっさんであるからして市場とはなんぞや、という事はわかっているつもりです。

ただ、その市場の大きさが変わるとどんな事が起こるのか、という事が頭でわかっていても実際に自分に関わる事象として体感できたのは私にとって大きな事でした。

現在の仮想通貨の市場は1月8日からマイナス27兆円に。

27兆円ものお金が市場から消えると暴落する。理屈ではわかっていてもこんなに顕著に、私の資産を大きく揺るがすほどに影響を与えたのは今までで仮想通貨しかありません。

主婦の方なんかはこういった市場の感覚を野菜の高騰などから体感しているのかもしれませんが、外食メインの私は今まで知る機会がありませんでした。

そして先行投資者達が利確、もしくは大暴落によって仮想通貨とは関わる事をやめた方達が退場し、私のような新規が大量に参入する事で新陳代謝していく。

市場の新陳代謝とはこういう事なのかと。

何度も言いますが、頭で理解しているのと体感するのではかなり感じ方が違いました。

恥ずかしながら、時に商売敵であるはずの人たちが仲良くしているのを見て、少しだけ疑問に感じていたのですが、それは市場を大きくするために必要な事でひいては自分の利益となるためだと本当の意味で理解しました。

相手を蹴落とすことで相対的に豊かになるのではなく、絶対値を大きくすることで豊かとなる。

そういった商売を私もしたいと思いました。

つまり、市場拡大のために尽力している人たちってすげぇ

まとめ

この記事で私が言いたいことは1つ。

仮想通貨に関わってよかった。という事です。

それは仮想通貨の知識を得られたからというわけでなく、仮想通貨で得た経験が私の考え方に影響を与え、それがいい方向だと感じているからです。

私はフィリピンに住んでからというもの海外送金の不便さやトラブルで何度も嫌な思いをしてまして、そういったものを一掃する可能性があるリップル(XRP)に投資しています。

直近ではマネーグラムと提携が発表されたのでそう遠い未来では無いかもしれません。

もう、その日が来ることを想像するだけでワクワクしてしまう。

そういったワクワクするものに投資できてよかったな、と心から思っています。

とりとめのない話となってしまいましたが、余剰資金がある方だったら仮想通貨はおすすめですよ。

仮想通貨を勉強して自分がワクワクするプロダクトがあったら投資してみると、日々の生活が楽しくなります。

やってみようかな、という方はコインチェックからどうぞ。