GRABの仕様が最近変更されたみたい

7回連続でキャンセルされたよ。。。。

どうやら運転手側のアプリがアップデートされ、お客さんの行き先がブッキングした時にすぐわかるようになりました。

私がウーバーやグラブを使う時間は通勤ラッシュの真っ只中のため、これまでも運転手が私の行き先を知った瞬間、嫌な顔をされることが多々ありました。しかし、これからはそれとも無縁です。だって事前にキャンセルされるんだもん。やったぜ。

グラブの利点(過去)

グラブの料金は確定金額であり、ウーバーと違って事前にわかる金額は見積額ではありません。そのため、どんなに渋滞があろうと料金が膨らまず安心なわけです。で、今回の仕様変更で運転手が行きたくない行き先を指定された場合、拒否できるようになってしまいました。そもそもタクシーを使わない理由としては、料金もさることながら乗車拒否をされるストレスから逃れるためでもあります。それがグラブでも乗車拒否が起こるとあればもう既にタクシークオリティになっていて、クソの役にも立ちません。

今後の要望

私みたいに毎日の通勤で使っている人向けに月額定額制を導入してもらえないかなぁと。この会社に入る前に日系タクシー会社に月額での見積もりとったら5万ペソ以上とか言われて目玉が飛び出したのでなんとか15000ペソあたりで手を打ってもらえないだろうか。まぁ、いろいろ大変だろうけどメリットもあると思うんですよね。