英語

英語を2週間話さなかった結果

英語が全然うまくないのにタガログ語で話しかけられると英語で話してとドヤ顔でいう私

日系企業に勤める弊害

英語のスキルを活かして海外で働こう!とか煽って人集めしているところもありますが、日系企業だと営業先も日系だったりすることが多いので英語なんてちょろっと話せればOKな事が多いです。海外で事業を始めた俺の講演を〇〇円で聞かせてあげるぜ、みたいなクソ経営者もフィリピンでは散見され、英語がどうのとか講釈を垂れるわりに営業先は全て日系企業だったりするのです。

私の会社

私は基本的にクライアントとのやり取りとスタッフへの指示出しをしています。スタッフへの指示は当然英語になるのですが、最近はスタッフも私が何が言いたいのかを半分日本語を混ぜてもわかるようになってしまい、「ここはだめだろ、badだ!」「イエス、サー」みたいなルー大柴のようなやり取りが行われているのであります。マジスタッフ有能。

で、案件が順調に進んでいると特に指導することもなく、淡々と事務処理を行っているのですが、うちのスタッフが有能すぎて2週間ほど問題なく経過したことがあったんですね。その後、私に変化がおきました。

単語がでてこない

簡単な単語でもスラっとでて来なくなります。それによって当然会話に支障がでて更にどもっていく悪循環。エイゴ ワカラナイ エイゴ コワイ

日々の積み重ね

結局、話す、聞くという事を常にやっていかなければどんどんわからなくなりますよね。話す機会が無い時は英語の映画をみるなど、少しでも英語に触れる機会を作らないと、と思いつつ日本語のゲームに今日も精を出すのです。だめだこりゃ。