マニラで地震がありました。

フィリピンは地震があまりない国。だからこそ地震対策があまりできておらず大きな地震がくると大勢の死者がでると言われています。

日本にいる時よりコワイ

昨日、地震がありました。すごい短い時間の揺れなんですけど日本にいる時よりも恐怖を感じました。あ、そういえば強い地震が今きたら俺、死ぬんだな、と思いださせてくれました。いつでも悔いの無いように全力でやるか。フィリピンでの地震対策ってあまり意味が無い気がするし。。。

で、調べたらマグニチュード5だったようです。ソースはこちら

人は過去から学び、未来に備える。というわけで、いきなりですがこれまで被害の規模と揺れの強さを総合的に判断した地震ランキングトップ10 in フィリピンを発表します!

10位 東サマル州 マグニチュード7.6 2012/8/31

家や橋などが倒壊したものの、報告は死者1名、けが人1名。この報告はあってるのだろうか。。。
そしてこの地震に対しては警報レベル3が発令されました。地震の5時間後だったけどな!

9位 北イロコス州 マグニチュード6.5 1983/8/17

8:18PMに発生。死者16名、けが人47人。
学校やモールなど大きな建物を中心に被害がでた模様。

8位 中部、南部ミンダナオ マグニチュード7.5 2002/3/5

死者15名、けが人は100人以上。
この地域はちょうどプレート部分にあたるらしく、それもあって津波が発生。
洪水により800以上の建物に影響がありました。

7位 中部ビサヤ地方 マグニチュード6.9 2012/2/6

死者62名、けが人112人。大惨事となりました。
倒壊した家屋は15,483にもなり、被害額は3億8300万ペソと言われています。

6位 ミンドロ マグニチュード7.1 1994/11/15

死者78名、けが人数名。
こちらも津波が発生し7,566の家屋に影響がでました。やっぱり津波が怖いですね。

5位 ボホール州 マグニチュード7.2 2013/10/15

05

死者222名、けが人976名、行方不明者8名。1番近い年代の地震であり、被害も甚大です。
倒壊家屋73,000、全壊家屋14,500。これがマニラで起こったら死傷者は万単位でしょうね。でも1位じゃないです。

4位 カシグラン マグニチュード7.3 1968/8/2

004

死者260名、けが人261名。通称ルビータワー地震。
この地震が最もマニラに近い場所での地震で、マニラで被害もでたと言われているらしいですが地図を確認すると結構遠いんですよね。

3位 ルソン マグニチュード7.5 1645/11/30

いきなり371年前の地震をご紹介。フィリピン史上最古の記録でしょうか。当然画像はありません。
死者600名、けが人3,000名。スペインによる報告ですが、昔すぎてなんとも言えません。

2位 中部、南部ルソン マグニチュード7.8 1990/6/16

02-1022

死者2,412名。被害総額10億ペソ。
ハイアットテラスプラザ、ネバダホテル、バギオヒルトップホテル、バギオパークホテル、FRBホテルなど、バギオにある大きな建物が全壊し多くの人を生き埋めにしました。
震源地はヌエヴァ・エシハ州で約1分かの揺れで2度と忘れることのできない悪夢を生み出しました。

1位 ミンダナオ マグニチュード8.0 1976/8/17

01

死者8,000名、けが人10,000名、ホームレスになった人90,000名以上。
人々が眠る深夜に発生し700キロの海外線を覆う巨大津波が続いた。
フィリピン史上最大最悪の地震となりました。

みんなの噂

さて、いかがでしたでしょうか。私はまとめてる途中から少し怖くなりました。

近々大きな地震がマニラで発生するという噂があります。根拠はわかりません。自然災害の予測はほぼ不可能ですし、備えをしておくのはいい事かもしれません。

sonae